CHANGE YOUR WORLD!

CHANGE倶楽部とは?

変化する  変化したい人のための メンバーシップです。
現状維持、変わりたくない人とは無縁のメンバーシップです。

私が創り上げたCHEANGEプログラムのワークやカリキュラムを通じて
CHANGEしていくメンバーシップです。 



CHANGE倶楽部ではCHANGEプログラムの提供とそれに必要な情報を提供します。


CHANEGE,変化、変化する、変化させる、これらの言葉が響く、あるいは反応する方のためのメンバーシップです。


CHANEGE の キーワードに何も感じない方は、ここで 離脱してください。

概要

変化することが目的の メンバーシップです。

メンバーシップ期間は1年です。


CHANGEプログラムを受講できます。

コンテンツの提供は
チャットワークグループ内で提供します。
※ コンテンツは随時追加していきます
※ チャットワークのアカウントが必須となります。
※ メインコンテンツのCHANGEプログラムはプログラム化、カリキュラム化していきますので、
  順番にタスクをこなしたり、繰り返すことで CHANEGEを心底体感し行動変化できます


提供コンテンツ

CHANGEプログラム

■ワークのやり方
■補足動画
■補足セミナー動画


コンテンツは随時提供となります。

提供コンテンツ概要

■行動→思考→感情→価値観→メタファー 心の仕組みの概要
■行動を変える方法
■思考を変える方法
■感情を変える方法
■価値観を変える方法
■メタファーを変える方法


■時間と空間の正しい認識について
■優先順位教の大弊害 → しょぼいOUTCOME理論
■ その他


CHANGEプログラム

■ワーク1■死ぬ前の後悔リストの考察と家族年表
■ワーク2■時間管理のマトリックスの弊害としょぼいOUTCOME理論
■ワーク3■「ご機嫌」の環境作りと 2P理論
■ワーク4■8つの宝島ワーク
■ワーク5■価値観ワーク 自分の価値観の優先順位を認識する
■ワーク6■感情ワーク(簡易版) 自分特有の感情フォーメーション、パターンを認識する
■ワーク7■PROモデルの理解
■ワーク8■欲求ワーク  どんな欲求で突き動かされているのか?
■ワーク9■問題言葉ワーク 自分特有の問題のパターンを認識する
■ワーク10■幸せの定義   いったい幸せとは何なのか? 自分特有の定義を認識する
■ワーク11■思考法のCHANGE クリーンランゲージをインストールする 
■ワーク12■DNAから見るミッション
■ワーク13■人生のメタファー 人生は何のようなのか?
■ワーク14■人生の視覚化 2D化、3D化
■ワーク15■お金のシステムを知る

インナーメッセージ、メンタルブロックを認識する
■決断ノート
■その他




CHANGEプログラムは私がここ10年の間のコンサルタントとしての実践の場で開発した、
行動変化して目的達成するためのプログラムです。




下記のような方におすすめです。


■自己啓発系のセミナーや書籍をたくさん読んだりしてきたが継続的な行動につながらない方
■実践の場で結果が全然でない
■頭ではわかってるつもりでも、決断にいたらない
■たくさん学びすぎて、まとまりがつかない
■アファーメーション、引き寄席の法則、脳科学、視覚化、心理学いろいろ学んだがどれも効果がない
■偽りの自分を早く捨てて、本当の自分になりたい方
■やりたいことが明確にならない
■このままの人生でいいのか迷いがある
■将来に漠然とした不安がある。
■追われる夢や、蜘蛛の夢やトイレの夢や、寝起きがよくない謎の夢をよく見る
■心のブロックが気になる方




CHANGEプログラムのワークは15以上ありますので、


各ワークの前にはスカイプにて解説があります。なので、10回以上のスカイプのやり取りが発生しますので、事前にご理解ください。



※ ワークの順番はプログラムの改善のため、前後したり、統合のため、減ったり、追加したりする場合がありますので事前にご理解ください。

■ワーク1■逆算思考

死ぬ前の後悔リストの考察と家族について

ワーク1の感想


K様より

change倶楽部での初めてのワークを行いました。
ワークではいくつかの項目、そして5年後、10年後、20年後と書きます。
事前にけんさんから、頭だけで考えるのと、ワークを行うのでは違うよ、
と言われ、「けんさんの言うことだから、そうだろう」と思う反面

「この項目を埋めるだけでそんなに違うものか」と附に落ちていない部分も少しありつつ書いていきました。
5年後を記入しているとき、「えっもうそんな年齢になるの?」と驚き、10年後を書いている時はゾッとしました。
「10年ってこんなにあっという間に立つの!!」とリアルに10年後を想像しながら、

子どもの学費が大丈夫なのか?
親は元気なのか?病気になっていないか?
死んで親孝行できないのではないか?
っていうか年齢的に、自分も死んでもおかしくないのでは・・・
かなり危機感を感じました。

いままで、永遠に続くだろうと自分の人生、親の寿命、
まだまだ先だと、漠然と考えていた子どものこと。

「やばいっっっっっっっっっ」

一気に危機感が頭に押し寄せました。
けんさんが、よく「時間がない」と言っている意味もわかりました。

たしかに時間がないです。
全然たりません 汗
とりあえず、日頃行っている、ネットサーフィンや暇つぶしアプリ、無駄な飲み会を
やめます。
しょうもないことで時間を使うのは「もったいない」
死ぬときに後悔して死にたくない

そう実感できたワークでした。


M様より

講義動画で後悔リストの話を聞いており、後悔リストの話は自分では理解したつもりでした。
しかし、実際にワークを進めていくと今の自分が都合よく解釈していた部分があったり、年表と後悔リストの2つのおかげで新しく気づく部分がありました。
年表から自分の父親と娘の年齢の関係が見えたのが、一番驚きました。
年表の数字を埋めるのも、効率大好き人間の私はエクセルで数字を埋めたい欲求を抑えながら、自分のペンで数字を埋めていきました。
自分のペンで埋めると家族全体の年齢の流れが見えて、おもしろかったです。エクセル使わなくてよかった(笑)

あと、このワークは色々考えることがあり、感情的になりますね。
ワークを気軽に喫茶店で始めてしまって、「これはやばい」って思ったときに時すでに遅し。急いで泣きそうな顔をごまかして家に帰りました(汗)
初めてワークをやるかたには、周りに人がいない環境で行うことをオススメします。

M様より

感想を言いますと、
1ページに収まってしまう自分の人生の短さに呆然としました。
ゲージを黒塗りしていくと、またもや自分の人生の短さに呆然としました。
感謝リストは、最初あまり出てこないと思ったのですが、一度出始めるとかなり出ました。
妻が自分のことを一生懸命考えて、色々行動してくれてるんだなぁ、とかなり感慨深く思い知らされました。



W様より

正直、ワークを行い、率直な感想は、
今後の人生に危機感を覚えました。

今の仕事を続けた人生でいいのか。
自分のやりたいことがここ数年でできているのか。
息子が20歳になった時、父、母が80歳になった時、
もし今の収入から何も変わってなかったとしたら、
朝7時半から夜中の1時までの拘束時間が定年まで続いたとしたら。。。

漠然とした未来予測ではありますが、
ただ、自分や妻、子供、親の年齢を書いていくと、
家族のイベントを書いて行くうちに、不安しか出てきませんでした。

お金のために会社に行く。
会社からのお給料は我慢料だ。
父が、僕が会社を転職すると伝えた時に言ってました。

でも、ワークをすると、
会社での人生だけが自分の人生ではない。
嫌な環境や人間関係がある中で仕事をする必要はない。
自分の思い描く人生を掴み取るにはどうすればいいか。
会社に雇われず成功できる道はないのか。
もっと環境の良い会社はないのか。転職できないか。
父の考えは正しいかもしれないが、僕には当てはめられない。と感じました。

自分の死を考えた時、残り時間を考えた時、今、この瞬間が一番若いのだから、どんなことにも挑戦しよう。と考えました。

今、何ができるか。
どうすれば1円でも多く収入を増やせるか。
と、不安があまりにも多く、自己防衛的に
不安要因に対して、どうすれば対処できるか。
を考えている自分がいました。

後悔のない人生を手に入れたいと考えた時、家族ができてから、自分がやりたい事は二の次になっていると気がつきました。

自分の一回しかない人生。
もっと楽しんでいいはず。楽しみたい。

日本で行ったことのない県に行きたい。
海外に長期滞在をしてみたい。
など、意外にも外へ出たいとの気持ちを持っていました。
この辺りであれば、家族を巻き込んでできる事なので、お金をしっかり稼いで毎年行く計画を立てようと思います。

会社の拘束時間の関係で、ほとんど家にいないので、全てを妻に任せっきり。
共働きとはいえ、妻に多くの負担をかけてしまっている事が、申し訳ない。と反省。

この意味のわからない状況下において、文句の1つも言わず、日々、家事育児をしている妻に感謝の気持ちを改めて持ちました


M様より

日々やることに追われていて、前は向いているが、足元を見ていなかったことに気づきました。
今日の中では特に「部屋が散らかっているのは心が散らかっている(整理できていない)」に納得でした。
最近片付けができていないので。。そういうときっていろいろ悩んでいるときだったりします。
日常の雑事にかまけるばかりではなく、一度自分を見直してみるのも大事ですね。
とにかく「後悔しない」リストを作っていきます。

K様より

ワーク1に取り組んだ感想ですが
やばいぐらい残酷なワークだと思いました。

今までいかに自分が現実から目を背けながら、
ごまかしながら何となく生きていたのだろうか
と思いっきり顔面を殴られた感じです・・

特に自分の残りの人生を時間換算した時の絶望感には
かなりへこみました。

ただ現実を直視することで
「自分の時間が以下に大事か」
「自分の大事な時間や労力を何に向けるか」
「家族や子供達に何を残すか」
「人生を後悔しないためにまず何をすればよいか」
など人生を真剣に考えるようになりました。

まだ1回目のワークでここまで衝撃的な内容でしたので、
良い意味で先が思いやられます・・

次回も楽しみにしています。


I様より

早速ですが、ワーク1の感想をお送りいたします。

まず【25年家族年表】に関して…
最初に感じたことは、自分の年齢を1歳ずつ加算して記入していくと、
普段の生活の中では自分の今後、自分の将来のことは漠然としか考えていなかったのですが、
自分の人生、自分の命が有限なんだということに改めて直面化させられました。
そんな当たり前のことも、普段は見て見ぬふりをしていたのかと痛感しました。

また、子供が二人いまして、その子供の年令を記入していきまして、
子供の年齢も20代、30代となるにつれて、その同じ年齢の頃に
自分が何をしていたのかを振り返って考えたり、そのときに自分の親が
どんな気持ちだったのか…といったことを考えたりもしました。

全く根拠なく、不思議な感じだったのですが、自分が60代となったときには
母親は90代なのですが、自分よりも母親のほうがそのとき元気でいるんじゃないか、
そんな変な感じもしました。
家族への感謝に関しては…やはりうるっと来てしまいました。
感謝の言葉を考えるはずが、なんだか自分のできてないところや反省点
(例えば子供に対して、すぐに怒ってしまうところなど…)ばかりが思いつき、
「ありがとう」ではなく「ゴメンね」という文章ばかり出てきてしまいました。

【後悔する可能性のあるリスト】に関しては…
私は特に「交友関係」に関して、改めて振り返ると
自分のことをよく思ってくれる人たちがたくさんいたにもかかわらず、
その人達にきちんとお礼を言ったり恩を返したりできていなかったと感じました。

あとはやはり「家族」ですね。
このままでは、上にも書いたような反省点ばかりになってしまうように感じました。
もっと、子供との時間、家族との時間を大切にしていきたいですね。

全体を通して…
本当に、普段「見て見ぬふり」をしていることがとても多く、
偉そうなことを言っていたり考えていたりしているくせに、
実際はあまりに場当たり的、近視眼的に日々を過ごしていることに気付かされた、
そんなワークでした。


H様より

まず自分の親が現在77歳と79歳であり病気もなく健在でるということに甘えていました。
自分も子供が3人いますが、親になって初めて自分の親のありがたみが分かる部分がたくさんあります。
ロンドン在住のため、頻繁には日本に帰れないので、先週末から、毎週zoomでビデオ通話して、
孫の姿を見せ、感謝を伝えることを習慣に落としこもうとしております。
また、子供たちなんてあっという間に中学生になり、
私たちのことを今ほど必要としなくなるという現実がありありとわかりました。

今は動物園のようにカオティックでも、日々子供たちとともに過ごせる時間をより濃密なものにしていきたいと感じました。
収入面では、あと20年は専門家としてやっていけるとタカをくくっていました。ただ時代の変化のスピードを考えて、歳を重ねても労働でない、情報資産構築による複数の収入源を確保しなければならないと改めて決意しました。



Y様より

時間が有限であること。
時間は大切であること。

頭では漠然と分かっているつもりでしたが、
自分の年齢と家族年齢を書き足していくうちに、
自分が考えていたものよりも時間がもっと少ないことを感じました。
そして、いつまでも若い気持ちでいた
自分の年齢ももうそんな歳ではないんだなと…

ワークの説明を聞いている段階で、
そうした現実に向き合うのがとても怖かったのですが、
書き終わった今もまた危機感を感じています。

なんとなく生きてこれたけど
現状思うような結果を出せているわけではなく、
そういった自分に不甲斐なさも感じました。


【後悔する可能性のあるリスト】もまた、
自分が曖昧に考えていたことが明確になりました。
自分では自分のやりたいことを
しっかりとできている人生だと思っていたのですが、

「時間がないから」「今はそれどころじゃない」

と後回しにしていることがたくさん見つかり、
ワークの紙に書く欄が埋め尽くされました。

残された時間と照らし合わせて、
今本当にやるべきことは何なのか。

全部並べてみたときも、
「もしかするともうこれは叶わないかもな」
なんてものも見つかりました。

このワークを通して、
見てみぬふりをしていたこと、
あえて考えないようにしていたことに
少し向き合えたように感じます。
今日感じたことを忘れないよう何度も見返して、
日々に活かしていきたいと思います。


K様より

ワーク1の感想

改めて家族の25年年表を作ったのですが
前回ワークをしたときとは違った感情が芽生えました。
両親と過ごせるのは
どう長く見積もっても20年。

特に父とは20年は無いだろうと。

そう思うと今まで以上に
親孝行をしたいという気持ちが出てきたし
故郷に帰ると言うこともより現実的になってきました。

そして何よりもビックリしたのが
後悔する可能性のあるリスト。

今まで全く感じた事の無い感情が
どんどん出てきて少し戸惑った。
が、上野さんと話す内に
それは普通のことだし良いことだと思えるようになった。

今回の感情が出てきたきっかけが
死ぬときに後悔することリスト25だった。
この25リストを肝に銘じて
これからのワークも行っていきたい。

■ワーク2■優先順位の弊害

優先順位は意味をなさない。
時間管理のマトリックスの弊害について
やりたい事リストも役に立たない
しょぼいOUTCOME理論について

ワーク2の感想いただきました。

M様より

しょぼいOUTCOMEリスト終わりました。

ちまたの成功法則で言われる「小さいことから始める」の正体って、これのことなんだと思いながらやってました。そう考えると、抽象的な成功法則を具体的なワークに落とし込んでいる時点で、何気に申し込んだ(ごめんなさい(;'∀'))CHANGE倶楽部でしたが、かなりヤバイ講座だなと思いました。


M様より

しょぼいOUTCOMEリスト、10個終わりました。リサーチ含めるとかなりできました。

・満足感や達成感は、大袈裟なことをすることで感じるものだと思っていましたが、
 しょぼいことで得られるものなのだなぁ、と再確認しました。
・試してみたいことが、自然と数多く出るワークだったので、
 ちょっとでも合わないなと思ったら、即つぎにいけるので気楽にやって、実感できることも嬉しいです。
・少しでも食べたいと思ったものをランチにすることで、何となく食べていた時よりも、メリハリがつきました。
・前回のSkype面談で、脳が騙されやすいということが腑に落ちたので、
 とても役立ってます。「うまいうまい!」言いながら食べてます。
 入れる情報も気を使って、かつ確信が持てるようになりました。

H様より

ワーク2の感想です。
今回も、たくさんの盲点になっていた、ショボいoutcomeのリストが明らかになって、心の中がスッキリしました。
欲しいモノリストが全然思いつかず、上野さんに相談したところ
「欲しいものリストの狙いは、リストよりも、本当に欲しいものを「
自分に問う」事の意味の方が大きい」という新たな気づきも得られました。
(それでも、やっぱり今のところ思い浮かびませんでしたが)

次回のワークも楽しみです。


I様より

ワーク2の感想をお送りいたします

まずリストAです。
全体で100以上の項目が該当しましたが、その多くは「以前からもともとやりたいと思いつつ、やってなかったこと」でした。つまりは「先延ばししてたもの」ですよね。
これらはまさに、後悔のもとになりそうですね…。

リストBの行ってみたいところも同様ですね。
海外など、簡単には行けないところも少なくないのですが、身近でも行ってみたいところはたくさんありました。

リストCおよびリストDは、正直、ちょっと困りました。
とくにリストCに関しては、食に対するこだわりがあまりないようで、ほとんど思いつきませんでした。
リストDも、例えばバイクなどの大きいもので欲しいものはすぐに思いつくのですが、あまり数は出ませんでした。
アマゾンなどの「ほしいものリスト」も振り返って考えたのですが、「ほんとに欲しいものなのか?」とむしろ疑問を持ってしまいまして(仕事に関連する書籍などは別ですが)。

ただ…振り返ってみますと、リストCやリストDに関しては、リストBの「旅」よりは敷居が低いものの、金銭的な面から無意識的にブロックが働いているような気もしました。

全体を通して気づいたことですが、リストB、E、Gに共通して「旅に出たい」といったテーマがありました。
この「旅」というものが、今の自分のなかでやりたいこととして大きいようでした。そしてこれらを考えて、やはりビジネス構築を、もっと頑張らなくてはと再確認しました。


K様より

ワーク2の感想になります。


いろいろなリストについて書き出しました。
リストを書き終えて思ったことは、「かなり自分に制限をつけているな」です。


「やるべきことを先にやらないといけない」
「目標を達成するまでは我慢をしないといけない」

と思うからです。


なので、リストを書き出すことがなかなかできませんでした。

しかし、「今日死んでしまって、やらなければ後悔するかも」と思いながら書くと、やっとリストを書き出せました。

リストAについて書いていると、案外興味がある事がたくさんありビックリです。
これらをやらないでいると、死ぬとき後悔するのかなと感じます。

他のリストも書いていると、
「そんなことやれるわけない」と普段から考えないようにしていた事柄がたくさんありました。


書き出しながら、想像すると楽しい気持ちになったので、普段の生活では知らず知らず、楽しくない事ばかり考えていたと気づきました。


けんさんが脳は痛みを与えると、悪いホルモンが出ると言っていたので
「いつも悪いホルモンで満たされてる(汗)」・・・かなりヤバイ事を実感。


これからしょぼいOUTCOMを潰していきます。今までの自分がどう変化しているのか楽しみです。



K様より


ワーク2をいたしましたので感想を書かせていただきます。

時間管理やタスク管理など
本や教材でかなり学んだつもりでしたが、
それらを学んだだけに今回のワークは余計に衝撃的でした。

趣味一覧や欲しいもの、行きたい場所など書き出しましたが
今まで「自分は無趣味だ」と思い込んでいました。

またすぐに買える(100円台)ものやすぐに行けるところが
たくさん出てきました。

いかに自分の心に蓋をして許可を出していなかったかに気づきました。

すぐに買えるものはすぐに買いましたし、
行きたいところも早速妻に相談してプランを立てました。

いくつか完了することで驚くほど気持ちがすっきりしました。

私のような「時間管理やタスク管理を学ぶために時間をかけている」
というイケてない人には特に絶対にやったほうがいいワークだと思いました。



Y様より


ワーク1の実践と含めて、
「時間が限られている」とわかっていながら、
仕事で忙しいからと言い訳して
先延ばしにしていることがたくさん見つかりました。

趣味、旅行、食べたいもの、欲しいもの…

趣味や旅行はとくに、
時間が掛かるものであるため
ずっと先延ばしにしてしまっていることに気付きました。

趣味に関しては100以上のものが見つかり、

可能性があるにも関わらず手付かずで、
それに気付くことすらできず
終わってしまうものもあるのかなと、

少しさびしい気持ちになりました。

また、1番の大きな気付きになったのが
お金の面のブロックです。

使えるお金が多少あるにも関わらず、
最近は少しブロックをかけていたように感じます。

実際たくさんのものを我慢していました。

「たった数百円のものを我慢しているだけで、
「自分はお金がない」と潜在意識に刷り込まれる」

という話を聞いて、納得。

すぐに、欲しいけど我慢していたものを買いました。
それと同時に、別に欲しいものがあまりないことにも気付きました。


そう考えると、
リストAで出したような経験・体験を含むものが、
自分が本当は望んでいるものなのかなと。

あれこれとまだ悩みの多い過程ですが、
そのあたりもまたお伺いしてみたいです。

■ワーク3■主体になって環境を創る

「ご機嫌」の環境づくりについて
2P理論
2Pを肝に銘じる。
どちらのPを選ぶかはあなた次第
感情のリセットについて



下記の感想いただきました。

M様より

今までは、ご機嫌になる環境なんて全然考えることはなく、
狭いワンルームアパートなので、いつも"引っ越しをしたら部屋整えよう”くらいに考えていました。

だから家にいても仕事にいても、どっちでもいいと思っていて
仕事もダラダラするようになり、平日は残業、土曜日は休日出勤するのが当たり前になっていました。

ところが部屋の環境をよくするごとに、「早く帰りたい」と思うようになりました。
上司は家でやることがなく、いつも私と一緒に土曜出勤している人なので、私が
「来週から、急ぎの仕事が無い限り休日出勤しませんよ」って言ったら上司が驚いていました(笑)

■ワーク4■8つの宝島ワーク

8つの宝島ワーク

人生において重要な8つの価値観について、向き合うワークです。


人生の指針となるワークとなります。


ワーク4の感想をいただきました


M様より

始めてワークを行ったときは、困惑する部分が多いワークでしたが、
時間をおいて、見返すと気づく部分がいろいろとあって少し不思議な感覚でした。

■ワーク5■価値観ワーク

自分の核となる考え方(価値観)を深く知る。自分の考え方のパターンを知る


感想いただきました。


M様より

今回の価値観ワークはカード使ったワークでした。
価値観のワークは販ステのマニュアルでも一回やっているはずなのに…
予想外の結果がでて、困惑しております。

いつも半信半疑で始めるワークですが、今回もワークの凄さと
カードワークの凄さを認識することができました。

■ワーク6■感情ワーク(簡易版)

感情ワーク (簡易版)
自分オリジナルの 感情のシステムを視覚化して知り強く認識、理解する。
感情システムのスイッチを知る


ワーク6の感想をいただきました。



M様より

【ワーク6の感想】
自分の感情の動きを探ることで、さまざまなことに気づくことができました。

普段認知できていない感情をみつけたとき

「ああ〜だから、あの時間違えたのか〜」
「それでか!それで失敗してしまったのか!」

など腑に落ちることがありました。


恐怖を感じたあと、どんな感情がでてくるとか

いつも「ないもの」に目を向けて不安感ばかりと戦っているとか

いろいろでてきて、一人で騒いでました(笑)


自分の感情を客観視することによって、次どうすればいいか対策も考えるようになってきました。


感情をコントロールするために、今までさまざまな本や情報を収集してきました。

成功哲学やビジネス本の多くにポジティブ思考を勧めたものがたくさんありましたが、
いろいろ試した結果、人間だからネガポジ半々くらいでちょうどいいじゃないかという結論にいたりました。
うまくネガティブ感情を整理整頓することも認知することもできなかったからです。
人間だからいいじゃないかと開き直っていました。

感情ワークを経験した後だからこそわかることなのですが、
今まで自分が得た情報でやろうとしていた感情コントロール方法は、とにかく無茶苦茶なことがわかりました(笑)

うまく説明できないのですが、「野球選手にサッカーのワールドカップに出てくれ!」なんて言うくらい無茶苦茶なことをやっていました。

■ワーク7■PROモデル

PROモデルの理解

PROBLEM
REMEDY
OUTCOMEとは何か? その関連性を知る

人はなぜ?思うような結果が得られないのか?
なぜ?何となく違和感があるのか?
なぜ?ふつふつと沸き起こるモチベーションがないのか?
問題をなぜ解決できないのか?

■ワーク8■欲求を知る

自分を深く突き動かす欲求を知る
どんな欲求で動かされてるのか?

■ワーク9■問題言葉

どんな言葉が自分を縛っているのか?
問題言葉を知る

■ワーク10■幸せの定義

幸せとはいったい何なのか?
幸せの定義を確定する

■ワーク11■思考のCHANGE

思考方法のCHANGE
クリーンランゲージのインストール
クリーンランゲージとは何か?
クリーンクエスチョンの理解とクリーンクエスチョンの脳へのインストール

■ワーク12■DNAから知るミッション

DNAから自分のミッションを知る

■ワーク13■人生のメタファーを知る

人生のメタファーを知り、活用する方法

■ワーク14■人生の視覚化、2D化、3D化

人生を視覚化し、自分が人生の主体を取り戻す

■ワーク15■自分のお金のシステムを知る

自分が無意識で作り出したお金のシステムを知る

エトセトラ

その他のワーク、随時追加…

■インナーメッセージ、メンタルブロックを認識する
■決断ノート
■その他…

価格について

1年間のメンバーシップ価格は 48,000円となります。


真剣に  CHANGE したい人のための メンバーシップです。

ご自分に必要か直覚できる人のみご入会下さい。


申込は下記フォームより

追伸

変化の法則を正しく知りそれを行動に移すことができれば、必ず、あなたの望む未来を創る事が可能です。


メンバーの方はワークの度に、変化していくのが実感できていってます。